室内型トランクルームのメリット

室内型トランクルームのメリットは、セキュリティ面がしっかりしているところです。室内型トランクルームは、コンテナ型トランクルームと比べ、スペースはそれほど広くないため、貴重品やコレクション品の保管に…

Learn More

保管する際の注意点

荷物を預けるためにトランクルームを利用している人は数多くいることでしょう。不要なものを一時的に保管することで、部屋を広く使うことができます。ただサービスや価格の安さだけでトランクルームを決めると、…

Learn More

保管に向いているもの

高価な貴重品は防犯管理が行き届いている室内型が最適

室内型トランクルームは建物の中に個別の貸しスペースが用意されている構造です。荷物を出し入れする際は必ず建物に出入りしなければいけないので手間がかかりますが、その一方で無関係な第三者が侵入するのが困難という利点もあります。トランクルームは荷物を預ける場所なので防犯管理が行き届いていることが重要な選択肢になりますが、室内型なら利用客が求める防犯性は十分に満たしていると言えるでしょう。そのため、市場価値が高い貴重品でも安全に保管することが可能です。その一方でトランクルームの管理者によっては貴金属などの高級品を保管するのを禁止している場合があります。利用規約に違反して貴重品を置いても万が一の際に補償されない可能性があるので注意が必要です。

外気の影響を受けにくいので変質しやすい物も保管できる

室内型トランクルームの利点として貸しスペース内の環境が安定しやすい点が挙げられます。外気の影響を受けにくいので、屋外に置かれている物置のように温度や湿度が急激に変化することはほとんどありません。そのため、絵画や書籍、精密機器など外部からの刺激に弱く変質しやすい荷物を保管するのに適しています。もちろん、利用するトランクルームによっては預けることができる荷物が厳しく制限されている所も少なくないので規約は守らなければいけません。コンピューター制御で温度や湿度を管理できる所ならさらにデリケートな性質の荷物を置くことも可能ですが、薬品や石油燃料などの危険な物は禁止されていることが多いので併せて注意する必要があります。

室外型トランクルームのメリットとは

トランクルームは大別すると屋内型と室外型があります。このうち、個別に割り当てられるスペースが屋外に置かれている室外型トランクルームは荷物の出し入れが簡単なのが大きなメリットです。構造によっては自分…

保管する際の注意点

自分にとって必要だが捨てられないものを保管しておくのに便利なのがトランクルームです。いくつかのタイプがありますが割安なのが室外タイプで、利用料を節約したいならこちらのタイプを使うと良いでしょう。し…

保管に向いているもの

屋外に設置されているトランクルームへの保管に向いているのは、大型のものです。特に、絨毯や家具といったものは、屋外のトランクルームで十分保管することができます。特に、頻繁に出し入れをする必要がなけれ…